ここからが本文です。

鹿児島・霧島・指宿エリアのイベント情報

エリアトップへ戻る
イベントアート

特別企画展「かごしま装丁展~鹿児島出身の画家による装丁 鹿児島ゆかりの作家の装丁~」

“本の顔”ともいえる装丁(書物などを綴じ、表紙をつけて外形を整えること)に焦点をあてた特別企画展が、かごしま近代文学館の文学ホールで開催されます。明治以降、作家が本を世に送り出す時、その装丁に一家言持つ作家も少なくありませんでした。日本近代文学の金字塔、夏目漱石著『吾輩は猫である』の装丁は、天金(金箔押し)、アンカット(無裁断)という漱石のこだわりの詰まったもので、これを手掛けたのは、鹿児島市出身の画家、橋口五葉でした。同企画展では、生誕140年と没後100年にあたる橋口五葉をはじめ、鹿児島出身の画家による本の装丁のほか、竹久夢二が装丁を手掛けた吉井勇著『祇園歌集』など、同文学館で顕彰する鹿児島ゆかりの作家たちの本の装丁などが紹介されます。

開催日時
2021年10月29日~11月29日
9:30~18:00(入館は17:30まで) ※休館日は毎週火曜(11月23日は開館)、11月24日
開催場所 鹿児島市 かごしま近代文学館 文学ホール
料金 大人600円、小・中学生300円 ※常設展示も観覧可
主催 鹿児島市、公益財団法人かごしま教育文化振興財団
お問い合わせ かごしま近代文学館 099-226-7771
関連ホームページ https://www.k-kb.or.jp/kinmeru/topics/5020/
アクセス JR「鹿児島中央駅」から鹿児島市電「朝日通駅」~徒歩7分もしくはカゴシマシティビューバス「西郷銅像前」~徒歩3分

※掲載情報は2021年9月9日現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

掲載内容についてのお問い合わせ


周辺地図

周辺情報

イベントアート

かごしま近代文学館企画展「向田邦子『あ・うん』の世界」

2021年11月17日~2022年1月31日
鹿児島市 かごしま近代文学館 常設展示室2階

イベントアート

特別企画展「フロム・ジ・エッジ-80年代鹿児島生まれの作家たち」

2021年10月1日~11月7日<10月14日~11月7日に変更となりました>
鹿児島市 鹿児島市立美術館 一般展示室(1・2)

イベントレジャー

鹿児島ぶらりまち歩き

通年
鹿児島市 市内各所(13コース)

ラップエンド

おでかけ情報

BestReserve

おでかけにおすすめのきっぷ

西日本の観光情報をご紹介!

おでかけガイド

  • 近畿エリア
  • 中国エリア
  • 北陸エリア
  • 四国エリア
  • 九州エリア
  • 東京・中部エリア
九州エリア(観光スポット・イベント情報)

エリアトップへ戻る

今月開催のイベント