ここからが本文です。

東京エリアのイベント情報

エリアトップへ戻る
イベントアート

あやしい絵展

「キレイ」や「見ていて心地よい」とは少しちがう魅力をもつ“あやしい絵”を集めた展覧会が、東京国立近代美術館で開催されます。明治期の日本では、あらゆる方面で西洋からの知識や技術がもたらされ、美術の表現においても新たな変化が生まれました。このような状況下で、美しいという言葉だけでは決して表すことのできない、ミステリアス、退廃的、妖艶、グロテスク、そしてエロティックな表現が生まれ、文学などをバックグラウンドに大衆に広まっていきました。同展覧会では、幕末から昭和初期にかけて制作された絵画、版画、雑誌や書籍の挿図などから、これらの表現を含む“あやしい絵”が一堂に公開され、神秘的でミステリアスな表現の世界が紹介されます。

開催日時
2021年3月23日~5月16日
9:30~17:00、金土曜/~20:00(いずれも入館は閉館の30分前まで)
開催場所 東京都 東京国立近代美術館
料金 一般1800円、大学生1200円、高校生700円、中学生以下無料
主催 東京国立近代美術館、毎日新聞社、日本経済新聞社
お問い合わせ ハローダイヤル 050-5541-8600
関連ホームページ https://ayashiie2021.jp/
アクセス JR「東京駅」から地下鉄「大手町駅」~地下鉄東西線「竹橋駅」1b出口~徒歩3分

※掲載情報は2021年3月4日現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

掲載内容についてのお問い合わせ


青木繁 《大穴牟知命》 明治38(1905)年、石橋財団 アーティゾン美術館、東京展のみ通期展示


甲斐庄楠音 《横櫛》 大正5(1916)年頃、京都国立近代美術館、通期展示


周辺地図

周辺情報

イベントアート

隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則

2021年6月18日~9月26日
東京都 東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー

イベントアート

コレクター福富太郎の眼 昭和のキャバレー王が愛した絵画

2021年4月24日~6月27日
東京都 東京ステーションギャラリー

イベントレジャー

東京インフィオラータ2021

2021年3月11日~6月2日
東京都内および首都圏の約30会場

ラップエンド

おでかけ情報

BestReserve

おでかけにおすすめのきっぷ

西日本の観光情報をご紹介!

おでかけガイド

  • 近畿エリア
  • 中国エリア
  • 北陸エリア
  • 四国エリア
  • 九州エリア
  • 東京・中部エリア
東京・中部エリア(観光スポット・イベント情報)

エリアトップへ戻る

今月開催のイベント