ここからが本文です。

イベント情報

エリアトップへ戻る
イベントアート

展覧会 岡本太郎

1970年に開催された日本万国博覧会(大阪万博)のテーマ館《太陽の塔》で知られる巨匠、岡本太郎(1911~1996年)の大回顧展が、愛知県美術館で開催されます。岡本太郎が芸術家としての基盤を作った1930年代のパリ滞在期の作品は、戦災ですべて焼失して残っておらず、戦後に太郎自身が再制作した4点からしか窺い知ることができません。同展覧会では、グッゲンハイム美術館から初期の代表作《露店》が、初めて里帰り出展され、日本では約40年ぶりに公開されます。《空間》、《傷ましき腕》、《コントルポアン》(東京国立近代美術館蔵)もあわせて展示され、現在に残る太郎の初期作品全4点が一堂に会する非常に貴重な機会となります。代表作はもちろん、これまであまり注目されてこなかった晩年の作品なども公開され、今なお根強い人気を誇る芸術家・岡本太郎の全貌が紹介されます。

開催日時
2023年1月14日~3月14日
10:00~18:00、金曜/~20:00(いずれも入館は閉館30分前まで) ※休館日は1月16日、2月6日・20日、3月6日
開催場所 名古屋市 愛知県美術館
料金 一般1800円、高校・大学生1400円(学生証の提示が必要)、中学生以下無料
主催 愛知県美術館、公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団、川崎市岡本太郎美術館、NHK名古屋放送局、NHKエンタープライズ中部
お問い合わせ ハローダイヤル 050-5541-8600
関連ホームページ https://taro2022.jp/
アクセス JR「名古屋駅」から地下鉄東山線「栄駅」~徒歩3分

※掲載情報は2022年12月6日現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

掲載内容についてのお問い合わせ


岡本太郎《夜》1947年 川崎市岡本太郎美術館蔵 (c)岡本太郎記念現代芸術振興財団


岡本太郎《雷人》1995年(未完) 岡本太郎記念館蔵 (c)岡本太郎記念現代芸術振興財団


岡本太郎《傷ましき腕》1936/49年 川崎市岡本太郎美術館蔵 (c)岡本太郎記念現代芸術振興財団

周辺地図

周辺情報

イベントエンタメ

ウィーン・プレミアム・コンサート

2023年4月13日
名古屋市 愛知県芸術劇場 コンサートホール

イベントカルチャー

栄ミナミ・大須ウインターイルミネーション

2022年11月18日~2023年2月26日
名古屋市 大津通(栄交差点~上前津交差点)、伊勢町通

ラップエンド

おでかけ情報

BestReserve

おでかけにおすすめのきっぷ

西日本の観光情報をご紹介!

おでかけガイド

  • 近畿エリア
  • 中国エリア
  • 北陸エリア
  • 四国エリア
  • 九州エリア
  • 東京・中部エリア
東京・中部エリア(観光スポット・イベント情報)

エリアトップへ戻る

今月開催のイベント