ここからが本文です。

大阪中心部エリアのイベント情報

エリアトップへ戻る
イベントアート

展覧会 岡本太郎

1970年に開催された日本万国博覧会(大阪万博)のテーマ館《太陽の塔》で知られる巨匠、岡本太郎(1911~1996年)の展覧会が、中之島美術館で開催されます。岡本太郎が芸術家としての基盤を作った1930年代のパリ滞在期の作品は、戦災ですべて焼失して残っておらず、戦後に太郎自身が再制作した4点からしか伺うことはできません。同展覧会では、グッゲンハイム美術館から初期の代表作《露店》が、初めて里帰り出展され、日本では約40年ぶりに公開されます。《空間》、《傷ましき腕》、《コントルポアン》(東京国立近代美術館蔵)もあわせて展示され、現在に残る太郎の初期作品全4点が一堂に会する非常に貴重な機会となります。代表作はもちろん、これまであまり注目されてこなかった晩年の作品なども公開され、今なお根強い人気を誇る芸術家・岡本太郎の全貌が紹介されます。

開催日時
2022年7月23日~10月2日
※ホームページでご確認ください。
開催場所 大阪市 大阪中之島美術館
料金 ※ホームページでご確認ください。
主催 大阪中之島美術館、公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団、川崎市岡本太郎美術館、NHK大阪放送局、NHKエンタープライズ近畿
お問い合わせ ハローダイヤル 050-5541-8600
関連ホームページ https://taro2022.jp/
アクセス 大阪環状線「福島駅」・東西線「新福島駅」2番出口から南へ徒歩10分、またはJR「大阪駅」から南西へ徒歩20分もしくは53号・75号系統のバス「田蓑橋」~徒歩2分

※掲載情報は2022年5月13日現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

掲載内容についてのお問い合わせ


岡本太 《燃える人》1955年 東京国立近代美術館蔵 (c)岡本太郎記念現代芸術振興財団


岡本太郎 (c)岡本太郎記念現代芸術振興財団


【参考図版】岡本太郎《太陽の塔》1970年(万博記念公園) (c)岡本太郎記念現代芸術振興財団

周辺地図

周辺情報

イベントアート

開館記念特別展「モディリアーニ」-愛と創作に捧げた35年-

2022年4月9日~7月18日
大阪市 大阪中之島美術館 5階展示室

イベントレジャー

中之島リバークルーズ

通年
大阪市 福島(ほたるまち)港発~堂島川~福島(ほたるまち)港着

イベントレジャー

国指定重要文化財「大阪市中央公会堂」館内ガイドツアー(夏)

2022年7月4日・14日・21日・29日
大阪市 大阪市中央公会堂

ラップエンド

おでかけ情報

BestReserve

おでかけにおすすめのきっぷ

西日本の観光情報をご紹介!

おでかけガイド

  • 近畿エリア
  • 中国エリア
  • 北陸エリア
  • 四国エリア
  • 九州エリア
  • 東京・中部エリア
近畿エリア(観光スポット・イベント情報)

エリアトップへ戻る

今月開催のイベント

くろしおでおでかけしよう

サイクルトレイン