ここからが本文です。

スポット情報

エリアトップへ戻る
スポットカルチャー

有田

日本で最初に磁器が焼かれ、有田千軒と呼ばれるほど栄えたが、文政11年(1828年)の大火でほとんどが焼失。その後、復興した町並みが今も残る。谷間にびっしりと肩をよせあう窯場と商家の並ぶ内山地区は、江戸時代に設けられた上の番所(泉山)から下の番所(岩谷川内)までの約2km。漆喰塗りの町家や洋館および洋風建築が混在した、変化に富む町並みが形成され、現在もそれらの建物で生活が営まれている。近隣には、登り窯に用いたレンガや陶片などを赤土で塗り固めたトンバイ塀が続く道があり、名所となっている。ゴールデンウィークに開催される有田陶器市が有名。

住所 佐賀県有田町
お問い合わせ 有田町商工観光課 0955-46-2111 (代表)
関連ホームページ http://www.arita.jp/
アクセス 佐世保線「有田駅」から車約5分

※掲載情報は2016年8月23日現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

掲載内容についてのお問い合わせ


周辺地図

周辺情報

イベントカルチャー

秋の有田陶磁器まつり

2018年11月21日~25日
佐賀県有田町 有田町内一円

イベントレジャー

大公孫樹(口屋番所跡)の紅葉

2018年11月中旬~下旬
佐賀県有田町 大公孫樹(口屋番所跡)

イベントレジャー

泉山磁石場の紅葉

2018年11月21日~25日
佐賀県有田町 泉山磁石場

ラップエンド

おでかけ情報

BestReserve

おでかけにおすすめのきっぷ

西日本の観光情報をご紹介!

おでかけガイド

  • 近畿エリア
  • 中国エリア
  • 北陸エリア
  • 四国エリア
  • 九州エリア
  • 東京・中部エリア
九州エリア(観光スポット・イベント情報)

エリアトップへ戻る

今月開催のイベント